債務整理の1種の自己破産は、国が作った救済法です

多額の借金を抱えてしまっているときには、どうしたら良いのかわからなくなっている人も多いかもしれません。借金問題については法律の専門家に依頼することによって、法的な手段を用いて解決することが可能です。借金問題を法的に解決する方法のことを債務整理といいますが、最も知名度の高い手続きとしては自己破産が挙げられます。自己破産については耳にしたことのある人も多いと思われますが、自己破産の手続きを行う大きなメリットは借金の全額において帳消しにできる点となります。

とにかく借金を無くしたい人や、返したくても借金額が大きく膨らみすぎたために絶対に返済が難しいと感じるときにぴったりの手続きが自己破産となります。自己破産とは他の債務整理の手続きである、任意整理や個人再生の手続きを行った場合であっても返済が難しいほどの多額の借金を抱えてしまったときに、地方裁判所に破産の申し立てを行うことによって、借金の帳消しができる債務整理の方法のことを言います。自己破産の手続きを行うことによって、一定の財産を処分する必要があるわけですが、その代わりとして多重債務の苦しさから解放されます。自己破産は多重債務の状態に陥ってしまった人を救済するために、国が作った救済法ということで、借金についてどうにもならなくなったときには、自己破産の手続きを行うことがおすすめと言えます。

自己破産の手続きを行うことによって、選挙権が剥奪されるとか、戸籍に記載される、会社を解雇されるなどのイメージを持っている人もいると言えますが、そのようなことはなくまったくの誤解です。一定の財産を処分しなければならなくなりますが、自己破産は人生の再スタートのための手続きとなりますので、生活に最低限必要なものは保護されて、戸籍に記載されることや選挙権が剥奪されるようなことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です