法律相談のオールランドプレイヤーは、弁護士です。

法律相談ができる士業には、弁護士、司法書士、行政書士などがいます。司法書士は、主に不動産登記に関する書類の作成を行い、行政書士は、主に官公庁に提出する書類の作成を行います。大は小を兼ねるとすれば、弁護士は司法書士、行政書士の仕事を兼ねることができるオールランドプレイヤーで、依頼者に変わり代理人として、相手側と交渉することができます。司法書士も代理人になれますが、簡易裁判所が管轄の90万円以下の民事訴訟事件に限られます。

行政書士は代理人にはなれません。司法書士や行政書士は代書屋と呼ばれることがあり、これは、あくまで本人(依頼人)に代わり、代書するにすぎないことを表しています。例えば、ヤミ金に100万円借りて返済ができない場合、弁護士であれば、本人に代わり、ヤミ金相手に交渉することができますが、司法書士や行政書士では、ヤミ金相手に交渉することができないので、本人が直接ヤミ金相手に交渉する必要があります。弁護士が中に入れば、ヤミ金からの取り立てや脅しはピタリと止まります。

代理人(弁護士)=本人ですから、弁護士は自分の事のように活動ができます。法律相談で重要な事は、相談を聞く相手方に、問題を解消できる能力(資格)があることです。能力がない者に相談するのは、時間の無駄です。書類は書きますが、交渉は自分で行って下さいでは話になりません。

弁護士も人間ですから得意、不得意な分野があります。不動産登記や官公庁に提出する書類の作成に関しては、司法書士や行政書士に依頼したほうがいい場合があります。一般人には、何が得意かどうかは分からないので、まずは弁護士会や法テラスの無料法律相談を利用することが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です