法律相談後に弁護士が受任する場合の費用

弁護士に対する法律相談は、通常であれば30分や1時間といった、区切りのよい時間を1コマとして料金が設定されています。弁護士事務所によって開きがある場合もありますが、離婚、相続、交通事故などといった一般的な法律相談であれば、30分で5,000円程度というのがだいたいの相場になっています。法律相談が1回では終わらずに、その後も何度か行われるのであれは、その都度こうした料金がかかります。こうした法律相談による結果を受けて、トラブルの相手となっている人に対して訴訟を提起するといった場合については、弁護士に受任契約を結んでもらい、本人に成り代わって処理してもらうことになります。

その場合の費用についてですが、例えば消費者金融への過払い金の返還訴訟であれば、相手に求める金額がいくらなのかによって、この費用の金額も異なってくるために、一概には言えないというところがあります。ただし、最初の段階では着手金とよばれる費用が、実際に勝訴したあかつきには成功報酬にあたる弁護士報酬が、それぞれ必要となるのが普通であり、特に後者の報酬については、金額の数パーセントといった割合で指定されることになります。また、弁護士の交通費、裁判所に支払う手数料、文書のコピー代金などの、こうしたものとは別の費用もかかります。法律相談後、実際に弁護士に依頼して訴訟に及ぶ場合については、こうした後々の費用としてどの程度かかるのかについても、事務所に詳しく確認しておくのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です