交通事故の法律相談と弁護士費用特約

自動車を運転している最中に起こした交通事故によるトラブルというのは、一般の人が陥りやすい法的トラブルの代表例といえます。通常であれば、こうした交通事故があった場合には、任意の自動車保険を取り扱っている損害保険会社に連絡することによって、相手との示談交渉などを本人に代わって実行してもらえます。ところが、保険会社が示談を行うことができるのは、本人と相手のどちらにも過失があった場合であり、原則としてお互いの過失割合がどれだけあったかを調整して、妥当な損害賠償金を決定するというプロセスがある場合に限られています。相手が100パーセントの過失という場合については、そもそも過失割合の調整が必要なくなってくるため、保険会社は示談交渉などにはいっさい関与してくれません。

だからといって、相手がすんなりと損害賠償金を支払ってくれるかどうかは別問題であり、もし支払いが拒否された場合には、法律の専門家である弁護士に相談して、しかるべき法的な手段を講じる必要があります。もっとも、こうした弁護士の法律相談も無料で引き受けてくれるわけではなく、1回あたり数千円から1万円程度は必要となってしまいます。さらに、法律相談の結果を受けて、相手への損害賠償請求訴訟に踏み切るという場合には、まずは弁護士への着手金、訴訟後には成功報酬と、多額の費用が必要となります。こうした費用をまかなってもらえるのが、自動車保険の弁護士費用特約とよばれる契約ですので、もし自動車保険に加入する場合には、オプションとして付けることも検討しておいたほうがよいといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です