弁護士に依頼することで楽になる相続

相続というのは、何かと手間がかかってしまうものです。あらかじめ個人がきっちりと調査をしておいてくれれば、残された側としては楽になりますが、そうでない場合にはかなり手間と時間をかける必要があります。個人の財産が現金だけであれば調査も楽ですが、現実問題として、今の時代にそんな人はいないでしょう。どこの銀行にいくら貯金があるのか、年金は、保険は、株式は?不動産を持っていれば、路線価などで不動産の価値を調べなければなりませんし、宝石などの貴金属だって遺産に入ります。

財産がわかっても、これを分配するためには相続人を確定しなければなりません。分配した後で、実は他にも相続する権利のある人がいました、となってしまったら、遺産の分配も最初からやり直しになってしまいます。素人がすべてを自分の力でやるのは、正直なところ荷が重いと言わざるを得ないでしょう。相続が開始したら、早めに弁護士に依頼することが、負担を軽くする一番の方法だといえるでしょう。

弁護士であれば、専門知識があるので、財産の確定、相続人の確定、それに基づいて作成される遺産分割協議書まで行ってくれるので、ほとんどお任せすることが出来ます。自分で行うこともできますが、財産や関わってくる人間の数が増えれば増えるほど、ミスをした時のフォローが大変になってしまいます。弁護士であれば知識と経験に基づいて処理をしてくれるので、多少費用は掛かってしまいますが、十分な費用対効果があるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です