相続は弁護士に依頼するメリット

相続は何かと揉めやすい問題であるため、税理士や司法書士、行政書士、ファイナンシャルプランナーなどに依頼しても円滑に解決することは難しいと言われています。法律では、争いに発展した問題は、弁護士にしか処理できなくなります。遺産分割の協議案などは、税理士や司法書士、行政書士、ファイナンシャルプランナーでも可能ですが、これらの職は法律上、当事者同士が協議して決めたことを書面にすることしかできません。当事者同士で遺産の分割について意見が異なったり、それで揉めたりした場合、当事者たちの言い分の違いを調整したり、解決して書面に残すのは弁護士にしかできないのです。

万が一遺産の物代を税理士や司法書士、行政書士、ファイナンシャルプランナーなどに依頼した場合、当事者たちの意見が異なった場合は改めて事件を引き受けてくれる弁護士を探さなければならず、かなりの時間と手間がかかってしまうので、最初から依頼するほうが早期解決になります。弁護士はもともと争いがある問題を処理することを仕事としているため、相続に関わる人間に争いが起こっていない場合、争いになった場合、問題になる点を予測しながら解決へと進めていくことができます。もし争いになった場合、不利益が生じないように対処することができるので、大きなメリットとなります。また必要に応じて、司法書士や税理士などの専門家と同時に問題解決へと進むことができ、法的に有効となり相続が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です