相続の対応は弁護士に依頼するのが得策です

相続をめぐって、遺族の間でトラブルが起こることは珍しくありません。お金が絡むのはもちろん、感情的なぶつかり合いもあって、一般人が対処するのは、難しい側面があります。とりわけ、最終的には法律が物を言いますので、専門的知識を持った人がいないことには、円滑な処理はできないと言ってもいいでしょう。弁護士が相続事案を引き受けた場合は、もしもめた場合に、遺産分割や遺言が、裁判所でどのように争われるかという事態を考えた上で、アドバイスをいたします。

たとえば、遺言状の作成に関しては、税理士や司法書士、行政書士が受け持つこともできます。ただし、法廷で、その遺言が争われる事態になったら、弁護士でしか対応ができないのです。また、遺族の間で、遺産の分け方について考え方が違っているとき、遺族間の言い分の違いを調整して書面を作成することも、弁護士以外の資格者には認められていません。争いになった場合を予測し、対応ができます本来、弁護士は職業的特性として、争いごとを処理するのが任務となっています。

ですから、相続人の間でトラブルが表面化していない段階であっても、もし裁判になったら、この点が問題になる、ということをあらかじめ予測しながら、対応をする習性ができています。もし争うことになったら、依頼者に不利益が生じないように動くことができるのです。このように、弁護士は、法律のエキスパートとして、依頼者の希望に近い形の相続が実現できるようにサポートしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です