相続の協議は弁護士に間に入ってもらうことが大事

相続をするときには、遺された遺産をどのようにして分けるのかを家族同士でしっかりと話し合わなくてはいけません。この話し合いのことを遺産分割協議と言います。この遺産分割協議は、相続に関するトラブルの中でも最も問題が発生しやすいものであるため弁護士に事前に相談して間に入ってもらうことが一番なのです。相続に関しては、いくつか誤解をされていることがあります。

それは、相続の権利を付与されてからすぐに相続分の遺産が単独所有になるわけではないということなのです。財産を持っている家族の誰かが亡くなったときには、法定の割合によって遺された家族に対して財産が分割されます。しかし、この分割された遺産を単独で所有するためには家族の中で明確な協議と同意が必要になるのです。それがあるまでは、遺された遺産は家族の共同所有として処理されます。

では、具体的に遺産分割協議はどのように行えば良いのでしょうか。遺産分割協議は、法的な義務ではありませんのでここで話し合って決定された事項がすぐに法的な効果を発揮するわけではありません。協議書を作ってその協議書にサインをし、自治体にその協議書を提出して初めて効果を発揮します。弁護士がいれば、これらの書類を全て作ってくれるため安心して任せることが出来るのです。

特に、遺産を継承する場合には家族同士で始めて手続きをすることになることが大半であるため、迷う事案も頻繁に出てきます。弁護士に相談をして、そのような心配を無くすことが大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です