弁護士に相談をして相続の分割をする

相続に関するトラブルは、弁護士が最も迅速に解決してくれます。相続財産は、遺産分割をすることによって分けられることになるため、遺産分割が行われる前の遺産はそれぞれの相続人の共有財産ということになります。身内で財産を持っている人が亡くなった場合には、民法に規定されている通りに財産が分けられることになります。しかし、これは単独所有であった場合です。

例えば、結婚をしておりその夫婦に子供がいなかった場合には、遺された配偶者が全ての遺産を引き継ぐことになるため、共有財産とはなりません。反対に、亡くなった人に家族がいた場合には、協議がされるまでは共有財産として所有することになります。配偶者や子供に対する遺産の割合と言うのは、遺産分割によって決められた場合に当てはめられるものであるため、その協議がされるまでは単独所有をすることはできないということを知っておかなくてはいけません。相続にはこのような問題点があるため、なるべく弁護士に相談をして分割をするように心がけなくてはいけません。

また、こうした問題点は税金との関連でも重要になります。税金は、その申告義務がある人が相続開始から10ヶ月以内に行わなくてはいけないため、分割が行われるまでは配偶者軽減などの優遇制度を受けることができなくなってしまうため、支払わなくてはいけない税金の金額が大きくなってしまうのです。弁護士に前もって相談をしておけば、このような問題点を解消できるため安心なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です