相続の承認か放棄かを弁護士に相談する

相続は、承認するかそれとも放棄するかを弁護士に選択することが大事です。そもそも、なぜ相続に放棄という選択肢が存在するのでしょうか。それは、相続における継承が必ずしも財産だけを指し示すとは限らないからです。亡くなった方は、様々なものを抱えて亡くなってしまうことがあります。

これは、財産だけではなく負債も含まれるのです。仮に、亡くなった方の負債が財産を上回っていた場合には、その負債を相続することによって遺族の負担は増大することになります。そのような事態を作らないようにするために、放棄を選択することが大切になるのです。こうした選択肢は、ずっと続くわけではありません。

期間限定となっているのです。確かに、財産を受け継ぐことが出来る権利を得ることは出来るのですが、その権利は法律的に永遠に続くわけではなく、原則として三ヶ月以内に決断をしなくてはいけません。これは、継承が開始された日から三ヶ月以内に選択しなくてはいけません。これにはいくつかの理由がありますが、大きな理由は税金の確定申告と関連があります。

亡くなった方の遺産を引き継いだ場合には、その引き継いだ財産に対して税金が必ずかかります。この財産の確定申告は四ヶ月以内に行わなくてはいけません。これを準確定申告と言いますが、このようなことを踏まえてきちんと弁護士に依頼をして手続きをしなくてはいけません。相続やその放棄はトラブルになることもあるため、弁護士に相談をして早期に決断することが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です