弁護士に相談したい:相続欠格って何

遺産を持った身内がなくなった場合には、法律の定めによりそれを相続することになります。また、遺言状が正当なものであれば、その遺言所に沿うことになります。しかし、普段はあまり意識することはありませんから、ほとんど知識がないことが多いです。そんな時には、弁護士さんに相談したほうが無難です。

特に、不明なことがあった場合には、弁護士さんの助けがないと、解決できないことがほとんどです。例えば、相続欠格という言葉があります。これは、遺言状を偽造したものがいた場合には、偽造したものがたとえ権利を有するものであっても、その相続する権利をはく奪することができる、というものです。自分に多くの遺産が与えられるように、遺言を書き換えたりすることは許されません。

この場合、正当な遺言書に結核の対象者の名前が書かれていた場合にも、遺言状より相続欠格のほうが優先されることになります。また、遺言書を偽造する以外にも、故人の死因が権利を持つ者による殺人であった場合、また有利な遺言書を書かせるために脅迫などを行った場合、正当な遺言書の作成を妨害した場合などが該当します。この時、欠格になった者には1円も遺産は入りません。そして、遺言書に書かれていた場合には、本来欠格にならなければ受け取ることができたはずの金額は、その子供や孫に相続されることになります。

また、特殊なケースもあり、その時には個別に弁護士さんに依頼して正当に分配してもらうのが最も安心できる解決手段です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です