調停や裁判の代理人も頼める相続案件に実績ある弁護士

親族が亡くなり、残された者がその遺産を相続するにあたっては、様々な問題が生じます。例えば故人が生前にしたためた遺言書があり、残された親族もみなその内容に同意している場合や、全ての親族が法定相続分で満足する場合はそのような問題はありませんが、中には兄弟姉妹、親子間での分配比率についての話し合いがこじれる場合も多々あります。そんな時には、相続案件に経験と実績のある弁護士に対処を依頼するのが懸命です。弁護士であれば、話し合いが調停に及んだ時に、自分が不利な立場にならないよう法律の面からしっかりとサポートしてくれますし、忙しくて家族間の協議や家庭裁判所で行われる協議に参加できないときも、代理人として参加することが可能です。

もし兄弟姉妹など家族間で協議に参加しない者がいる場合にも、その参加を促したり、効率よく話しを進める手助けを行ってくれます。さらに、相続による調停では、全ての段階において代理である弁護士の出頭が本人に代わりうると認められているので、どうしても参加できない、あるいはしたくない場合にも安心して任せられます。遺産の分割だけでなく、故人に負債がある場合の遺産相続放棄やその手続きについても、弁護士事務所であれば全てワンストップで解決してくれます。難しい書類の用意や作成も、代理で行ってくれるので、手続きのミスや期限遅延などの心配もありません。

トラブルを抱える双方にとって中立な立場で事を運ぶ調停員や裁判官と違い、依頼人の利益を第一に守る弁護士だからこそできるきめ細かいサポートが、トラブルの渦中にあっても安心感を与えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です