交通事故に遭ったら弁護士に相談する

日々暮らしていてこちらにはまったく非がないのに、交通事故に遭ってしまったとことも、起こります。自転車に載っていて、車にぶつけられたとか、歩行中に車にぶつけられたというのは、怪我の程度もひどくなってしばらく入院や通院ということにもなります。でもいつまでも症状が治らないと一生病院にいくことはできません。半年から1年程度で、症状固定をして、後遺症が残ったということで、加害者側の保険会社から賠償金などをもらうことで解決に至るのが一般的ですが、日本の場合、海外と比べても、被害者に対しての補償が安くされるケースがあります。

交通事故によって大変な後遺症を受けているのに、賠償金が数十万だったというケースも少なくありません。そんなときは交通事故に詳しい弁護士に依頼するといいのです。弁護士はあなたに代わって、保険会社と慰謝料や賠償金などの交渉をしてくれるからです。それには、どの程度の怪我だったのかとか、レントゲンやCTの画像などを取り寄せて1つ1つを証拠として、検証してくれるのです。

弁護士にお願いすることによって保険会社から執拗に電話をうけなくていいということと、金額面でも個人で解決するよりずっといい条件での解決金をもらえる場合があります。ですから、交通事故に遭って、保険会社と話すのが面倒だから、もういいと投げやりになったり、泣き寝入りをしないことが大切なことです。弁護士は敷居の高い人ではなく、きちんと話をしてくれる人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です