交通事故で弁護士へ依頼をするメリット

交通事故に合った場合には、物損などの軽微な場合には当事者間で済ますこともありますが、概ねは加入をしている任意保険会社へ連絡をとり、そこでの処理が大半となります。しかし、人身事故などの場合には慰謝料の問題も発生してくる場合が多く、そのようなときには弁護士への依頼が解決には最適な方法となります。交通事故 で 弁護士へ依頼をすることのメリットとしては、まず、慰謝料の金額が上がる可能性があるということです。慰謝料の算定は一定の基準に従って行われますが、保険会社と裁判所では扱っている基準に大きな違いがあります。

しかし、示談交渉の段階では相手の保険会社から裁判所の基準で提示されることはほとんどなく、場合いよっては数百万円から、多いときには数千万円単位で低くなってしまうことがあります。このような場合には、やはり弁護士の整然とした理論にそった交渉が必要になってきます。次のメリットとしては、交渉の煩わしさから解放されるということです。通常、交通事故で100%被害事故の場合には任意保険会社が被害者に代わって示談交渉を行うことはなく、被害者自身が相手側と交渉をしなければならないときがあります。

忙しいときや身体の具合が復調していないときなどにはおおきな負担や苦痛となり、そのために権利があっても諦めてしまう結果にもなりまねません。弁護士に依頼をすればこのようなことはなく、経過や結果に関して報告を受けるだけで済むことになります。また、結果的に損害賠償が認められても相手に払う意思がなければ被害者にとっては利益がゼロとなってしまいます。このようなときにも弁護士に依頼をすれば、慰謝料請求事件として提訴をすることができ、結果的には財産差押えなどの法的な手段を選ぶことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です