弁護士に相談する前に交通事故の状況を整理する

弁護士に相談する前に、交通事故の状況を整理して自身にどのような権利があるのかを被害者は確認しなくてはいけません。交通事故の被害者は、交通事故によってあらゆる権利を主張できるわけではありません。必要な権利しか主張することが出来ないことをまず前提知識として頭に入れておくことが大切です。事故の際には、例えば代表的な権利として慰謝料請求権や損害賠償請求権を行使することが可能ですが、この内損害賠償請求権に関しては状況によって使うことが出来ないこともあります。

この場合、無理を言って弁護士に相談をしても意味がないため行使することが出来る権利の概念をしっかりと知っておきましょう。慰謝料請求と言うのは、事故によって生じた精神的な損失を賠償する権利であるため基本的に肉体的な苦痛と一緒にこの権利を請求することが出来ます。反対に、損害賠償請求というのは交通事故の場合には具体的に自動車が大破したなどの事情がない限り請求できません損害賠償請求は、物的な損害を担保する権利であるため事故に巻き込まれた被害者が歩行者であった場合には使うことが出来ないのです。そのため、この場合には損害賠償請求ではなく慰謝料請求で出来るだけ多くのお金を貰うことを考えなくてはいけません。

一般的に、弁護士の中にはこうした事故の現場の事情を詳しく知らない人もいます。実際に依頼をするときには弁護士の中でも特に交通事故の現状に精通している人に依頼しなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です