交通事故で弁護士を頼む場合

交通事故を起こした場合は相手方との示談交渉が必要になります。この際に加害者の立場であれば加入している保険会社が示談交渉を行ってもらえますが、被害者が保険会社との交渉を拒否して直接加害者へ請求してくる場合があります。交通事故の場合はお金を、目当てにする人もいるのでこのような事が時々発生します。保険会社の約款では被害者が保険会社との交渉を拒んだ場合、示談交渉を行うことは出来ません。

この場合加害者と被害者が直接交渉を行うことになりますが、加害者が交渉を行いたくなければ保険会社の顧問弁護士へ示談交渉を依頼することが可能です。この場合の弁護士費用は保険会社の対人賠償保険や対物賠償保険で支払ってもらえます。逆に被害者になった場合には保険会社は被害者の代わりに示談交渉は行ってくれません。これは保険会社の約款で対人賠償保険もしくは対物賠償保険を支払う時に示談交渉を行うと規定されているためです。

このため被害者になった場合は加害者の保険会社と直接交渉を行うことになります。この場合弁護士を頼む事は可能ですが費用の問題が発生します。自動車保険の弁護士費用特約に加入していれば300万円まで保険会社に支払ってもらえます。ただし、この特約に加入していなければ自己負担を行わなければなりません。

いつなんどき交通事故に巻き込まれるかはわからないので弁護士費用特約にも加入しておいたほうが無難です。保険会社によっては交通事故以外でも支払ってもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です