交通事故の対応を弁護士に依頼したほうがいい場合とは

誰の身の上にも起こる可能性がある交通事故。運悪く遭遇してしまえば、本人のみならず大切な家族をも巻き込んでしまう一大事となってしまいます。法律的なトラブルに巻き込まれるケースも多く、解決までの期間が長引けば長引くほど、身体や精神に与えられるダメージも大きく膨らんでしまうでしょう。このようの事態を避けるためには、法律の専門家である弁護士に対応を依頼するのが有効です。

弁護士であれば、相手方との交渉も対等に進めることができ、妥当な賠償額も手に入れることができます。特に被害者となった場合は、保険会社との契約内容によっては本人が相手方との保険会社と交渉しなくてはいけないこともありますので、弁護士に依頼したほうが安心して交渉を任せることができるでしょう。ただし弁護士に交通事故の対応を依頼した場合は、当然ながら費用も発生します。支払う費用の内訳は着手金、報奨金、交通費などの実費で、ある程度高額になってしまうのは避けられません。

したがって交通事故のケースによっては、弁護士に依頼したことで最終的に受け取る金額が減少してしまう可能性も否定できないのです。法律のプロの力を借りたほうがいいケースとしては、通院期間が半年以上の長期にわたる場合や、14等級以上の後遺障害が残る場合というのが一つの目安となります。もちろんこれはあくまでも目安ですので、実際には法律事務所の無料相談などを利用して、専門家の意見を聞いたほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です