激安スノボの実態とは

ウインタースポーツは人口が減少している中で、スノーボードは比較的人気があります。スノボが人気のある理由は見た目の良さです。



スノボをするときの恰好が、20代前半から10代後半にかけてちょうどマッチする格好なのです。スキー人口が減少したの見た目の、つまりウエアの問題だといわれています。

ただ、スノボをする場合、お金がかかるのが問題になります。


10代後半から20代前半の人の多くは、一部の人を除いて裕福ではありません。
特に大学生や新卒の社会人にとってはスキー場に行くのも清水の舞台から飛び降りるぐらいのつもりでないとなかなか行くことはできないのです。そこで、各旅行会社とバス会社はできるだけ安くスキー場まで行けるように激安プランを用意しています。

激安プランの内容は、往復の運賃と当日のスキーリフト券の料金を含めて、5000円程度で提供しようという中身です。
このように、激安プランが実現できるのは、スキー場の協力もあります。



本来であれば、リフト券自体が4000円以上するものですので、往復してリフト券付きのプランが5000円程度で手に入るのはおかしな話しですが、リフト券をほぼ無料にすることによってこれが実現できるのです。


スキー場関係者は、リフト券の分は無料にしてもたくさんの人数が来ることによって、食事代やおみやげ代、コインロッカー代などにお金を落としてくれれば十分と考えています。
そういった理由から、激安にすることが可能なのです。

関西でゴルフの情報を幅広く扱っているサイトです。

top